理論と実験の協奏による柔らかな分子系の機能の科学-文部科学省科学研究費補助金「新学術領域研究」領域代表者 田原太平 (平成25-29年度) やわぶん

 
新学術領域研究「柔らかな分子系」
現在の化学のフロンティアは複雑分子系の機能の解明と創出に向かっています。
生体分子系に代表される高い機能を有する複雑系の本質は、大きい内部自由度を持ち、
系が状況に応じて柔軟に変化して最適な機能を発現すること、にあります。
本領域ではこのような複雑分子系を「柔らかな分子系」と呼び、
その機能の理解と制御に向けて、分子科学、生物物理学、合成化学、
理論・計算科学を統合した新しい「分子の科学」の学術領域を拓きます。
新学術領域研究「柔らかな分子系」

ワークショップ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
<新学術領域研究「柔らかな分子系」>
第22回 ワークショップ 開催のお知らせ
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
【 日時 】 平成 29 年 05 月 13 日 (土)
【 会場 】 埼玉大学 総合研究棟
【 アクセス 】 JR 京浜東北線・北浦和駅西口からバス始発「埼玉大学行き」利用で約 15 分 http://www.apc.saitama-u.ac.jp/access/index.html

ニュースレター 平成 29 年 03 月号を公開しました

【 業績紹介 】

◆脂質単分子膜内の弱く水素結合した水の観測
◆水の最表面での振動カップリング
◆分子進化的にユニークで熱に対して極めて安定な光駆動プロトンポンプ
◆固体 VCD 法による 2 つのキラルセンターをもつイソロイシンの構造解析
◆多環芳香族分子ピンセットの合成と幅広い分子捕捉能
◆シクロファンが凝集相で示す刺激応答発光特性の鎖長依存性
◆こする温度で発光スペクトル変化が劇的に変わる化合物
◆タンパク質のカゴの中で踊る金原子を観る

【 受賞 】

◆A02 石橋グループの奥野将成さんが日本分光学会奨励賞を受賞しました
◆A02 山方グループの松永大典さんが電気化学会北海道東海支部合同シンポジウムと
第16回 日本表面科学会中部支部学術講演会で受賞しました

【 班員からの発信など 】

◆サイエンスカフェにてタンパク質の柔らかさを解説
◆The 7th Aisa Pacific NMR Symposium 2017 (APNMR-2017) report

「やわらかな分子系」ホームページ更新履歴

H29/04/18 A01 研究項目A02 研究項目A03 研究項目メンバーサイトマップを更新しました。
H29/04/06     No.43 ニュースレター 平成 29 年 03 月号を掲載しました。
H29/03/06     第22回 ワークショップ のお知らせを掲載しました
H29/03/03     No.42 ニュースレター 平成 29 年 02 月号を掲載しました。
H29/02/06     No.41 ニュースレター 平成 29 年 01 月号を掲載しました。